浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

牧場に行ったにも関わらず、牛乳一滴も飲めずに終わったナイタイ高原牧場をあとにし、さらに273号線を北上!

次なる目的はタウシュベツ橋梁
タウシュベツ橋梁
ガイドブックをみてその美しさに行きたい!と思った。

もともと旧国鉄士幌線が開通した際に、タウシュベツ川にかけられていたもの。

その後、人造ダム湖糠平ダムが建設されることになり、士幌線は糠平湖を避けるように新線がひかれた。

2つの理由から橋梁の上の線路は撤去され、廃止されたものの、橋梁自体は湖沿いに残されることになり現在も自然歩道として活躍している。

ガイドブックには糠平湖沿いにあるようなアバウトな地図のみある。

ガイドブックに載るくらいだから看板があるだろうと思いつつ、湖沿いに入っていく。

そろそろかな~と思いながら車を走らせると、三の沢橋梁の看板がみえた。

そんな名前じゃないんだが・・・と思いつつもかなり広めの駐車場があったので入ってみた。

看板にたどって行ってみると・・・

あ、あった!!!!

三の沢橋梁


????

なんか、違う・・・

なんかというよりまったく違う。タウシュベツ橋梁は湖の上にあったはず・・・

もう少し先かも?という期待をこめて、車を走ると今度は

五の沢橋梁の看板が!

そして見に行ってみると、やはり違う。

一体どこにあるんだ?!

まずは、トイレでも済ませようとトイレのほうにいくと案内ボード発見!
地図

タウシュベツ橋梁は湖の反対側ではないか!!!(←るるぶの地図と違う)

しかも、通行止めのマーク!!!

結局、見れないではないか・・・

しかし、よーく見ると、”タウシュベツ展望台”の文字が!

最後の頼み!この展望台に向けて行ってみるか!

と車を走らせたものの、あっという間に糠平湖終了・・・

一体、どこに展望台があったのかまったくわからなかった。

もう、しばらく行く機会がないといえど、一体どこにあるのか調べようといろいろネットを見ていたら、こんなサイト発見

これをみているとゆきんこが行った10月は完全に湖の中に橋梁は沈んでしまっている

サイトによるとダムの水がすくなり、凍結する1月ころから姿をみせ、梅雨の6月頃から沈みはじめ、10月には完全に沈むとな。

写真をみると9月でも水が少なければ見えるようだが、結局、行っても見れなかったというわけである。
ちなみに、展望台にいっても、

「あれ?やっぱりないじゃん!」

となったはず。単なる時間の無駄だったと思われる。

そのあたり、ガイドブックに書いてもらわないとゆきんこのように見に行ってしまう観光客が多くなると思う。

ガイドブックには見れる時期の記載は必須である!

見れないわ、時間くうわで無駄な時間を過ごしてしまったゆきんこである。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
タウシュベツ橋梁が気になった方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ

エッセイ・ブログ大賞に参加しています!
よろしければ投票お願いします!↓










流れ星好きのゆきんこはもちろん、昨日の夜
ふたご座流星群を見るべく、オリオン座をチェックし
そこから東の空高くを眺めておりました。
1時間、いろいろ着込んでスタンバイしていたにも
関わらず一つも見ることができなかった・・・
瞬きしている間に流れたのだろうか・・・運が悪すぎる。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/671-ad8afc1f

| ホーム |