浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

先日の東京出張

やはり、食べまくり&飲みまくりでございました。

そして、わが東京の友人たちはおもてなし上手でありまして、実にいろいろな目新しいスポットに連れて行ってくれたのである。

ホスピタリティーあふれる友に感謝!

御徒町の立ち飲みやも大阪以上の安さにびっくりであったが、リピしたいと思った絶品そば屋に出会った。

虎の門の近くにあるMinatoya

minatoya看板なんと看板はこの小さな銀のプレートのみ。

見逃しそうである。

サラリーマンの行列
しかし、近くまでいくとサラリーマンたちの大行列!

さすが、島耕作が社長になっても食べに行くという設定で使われた店である。

11時50分に行ったのにもかかわらず、すでに大行列。

8割男子、2割女子。女子同士で並んでいる人はいない。

こんなに並んで、いつ食べれるのだろうと思っていたが、20分ほどですんなり入店。

入り口狭い入口を通過して中に入ると・・・

中央に生け花を置いた大理石の四角形のテーブルがドーーーン

その周りでおじさんたちがそばをずずず~とすする。

不思議な空間だ。

おしゃれだけれども立ち食い、そして客はおじさん・・・

レジで先に注文をすませる。

普通のもりそばもあるようだが、この店の一番人気は肉そばということで肉そば850円を注文!

立ち食いなのに850円とは結構なお値段ではないか!

というゆきんこの文句はすぐに消え去る。

レシートを持ってそばを作っているところにいくと、お兄さんが大きい器にそばをごそっと盛り付け、肉をドーンと入れ、ゴマをこれでもかというほどふりかけ、ネギと海苔もモリモリにもってゆきんこ注文の肉そばが完成!
肉そば

ものすごいボリュームである。

早速、食べてみると、ラー油入りのつけ汁がうますぎ

ピリ辛が肉とそばによくあう!

かなりコシのあるそばは食べても食べてもなかなか減らない!

う~ん、おなかいっぱいになってきたぞ!というころ、味を変えるためにつけ汁に生卵を割りいれる。

生卵は食べ放題?なので、好きなだけどうぞ!

今度はラー油の辛味がとれてたまごのトロトロな感じが口の中に広がる。

かなり満腹になる量だが完食!

本当は蕎麦湯をいれて最後のお口直しをしたいところであったがあまりの満腹ぶりに断念。

う~ん、ネギも取り放題ということもあって貧乏性ゆきんこ取りすぎたか・・・

虎の門に行ったらまた食べたい!

しかし、虎の門に行く用事が今後まったくない・・・残念・・・

店内ちなみに、一緒にいった友人たちと離れて食べていたら、隣のおじさんが食べ方を教えてくれた。

フレンドリー!

立ち食い関係は東京も大阪化か?!(←気軽に話かけてくるおじさんが多い大阪)
******************************
ブログランキングへ参加しています!
minatoyaが気になった方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ










御徒町の立ち飲みはおつまみ150円。
ワイン飲み放題500円なんていう
破格の店がゴロゴロ。
東京にいたら通いそう・・・
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/695-e1eac00f

| ホーム |