浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

清渓川の燃灯もキレイであるが、ホテル近くの曹渓寺もかなりオススメ。

曹渓寺曹渓寺は韓国最宗派の仏教・曹渓宗の総本山

曹渓宗は要するに宗教の名前である。

ゆきんこのホテルは仁寺洞に近いと先に書いたのであるが、その観光地に近いためふらっと寄る観光客も多い。

曹渓寺総本山ということもあり韓国中から信者が集まり、祭祀や儀式なども1年中行われている。

その中でも韓国最大の仏教の祭典燃灯祝祭時の境内は圧巻

曹渓寺空が見えなくなるほどいっぱいに色とりどりの燃灯がぶらさげられ、圧倒される。

ソウルの有形文化財にしているされている大雄殿前の樹齢500年の天然記念物の白松も燃灯の釣り木にされる始末。

天然記念物なんですが・・・

大雄殿は朝鮮時代に建立された時代を感じることができる建物。

古宮景福宮の本殿よりも規模が大きく雄大だとか。

曹渓寺から景福宮までは歩いてすぐなのであわせて観光したい。


また、色だけかと思いきや、花やお坊さんが描かれた燃灯もあり。

ラブ燃灯さらに、こんなラブ燃灯も?

なんでもありか?

ちなみに、韓国のお祈りスタイル。
膝をおって、手をまっすぐ肩幅にあわせておき、その手を裏返して耳のあたりまで手をあげ、胸に手をあわせながら立ち上がる。

チベットの五体倒地のような感じで、熱心に祈っている信者をみてなんだか胸が打たれた。

日本の簡素なお祈りに慣れているから体いっぱいに使うお祈りにぐっとくるのだろうか・・・

******************************
ブログランキングへ参加しています!
燃灯祝祭が気になる方はポチッとお願いします!




人気ブログランキングへ









7人掛けの電車で6人で座っていたゆきんこ。
隣のおじさんが妙なセンター位置で座るため、どうにも
7人掛けができない。
すると、お尻の大きいおばちゃんが、
「ごめんよ~」
と無理やり入ってきた。
しかし、おじさんが意地悪でまったくよける気がない。
そんなわけで、ゆきんこ、座席から追い出されしぶしぶ立っていた。
すると、
「○○さんあいたわよ~」と言いつつ、隣のおじさんに
「ちょっと詰めなさいよ」
と言いより、結局おばちゃん、マンマと友人と二人席をゲットしたのであった。
う~ん、まだ、あそこまで無理やり席に座ろうとは思わないから
まだおばちゃんの手前か?と一人ニンマリのゆきんこ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yukinnko21.blog17.fc2.com/tb.php/724-312b7b17

| ホーム |