FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

砂漠で満点の星空と地平線に沈む夕日を見て大満足のゆきんこ。

あの、あやしい旅行会社もどきが迎えにくるかどうか心配しつつもホテル前で待っていた。
すると、見たことがない若めのにいちゃんが話かけてきた。

「お前が、ゆきんこか?今日はあいつは別の仕事ができたから俺がお前を連れて行く」

とこうきたもんだ。
まあ、車は4WDだし、行きよりも随分といいだろう。乗り心地もこっちのほうが断然よさげだ。が、念には念を・・・

ゆ:「お金はもう払ってあるからね」

「わ~ってるよ。早く乗りな」

ということで、信用して乗ってみる。今回は砂漠用の車なので車が砂にうまることもなくなんなくドゥーズ到着。

さて、中心地にでも降ろしてもらってホテル探しからやるかと思っていると、1軒のレストランの前に停車。

にいちゃん「ここのクスクスはうまいから食っていけ」

とこうきたもんだ。確かに腹は減っている。が、本当にうまいのか?値段は?

と思っていたが、やさしげなおばあちゃんがニコニコしてで迎えてくれたもんだから断るに断れない。(←年寄りにめっぽう弱いゆきんこ)

ということで、クスクスを食べ始める。食べながら外にいるドライバーが気になる。あいつ、何してるんだ?

食べ終わり、兄ちゃんに
「ありがとう!クスクスもおいしかったし、もうここでいいよ。今の大体の場所、この地図で教えて」

と素直にお礼をいうと

「今日、ホテルはどうするんだ?いいホテル知っているから連れて行ってやろうか」

ときたもんだ。まあ、この様子じゃ無理矢理宿泊させたりしないだろうからお言葉に甘えて連れて行ってもらう。いやなら、断ればよい。

とあまり期待もしていなかったのに、どうしたもんか。ものすごい安くて快適で立地条件もいいホテルを紹介される。こいつ、いいやつかもしれない・・・

屋上にある部屋は見晴らし最高!屋上だから洗濯も干し放題。

屋上まで荷物を運んでくれた兄さんに再度お礼を言って、今度こそお別れだなと挨拶しかかったとき、

「明日はオング・エル・ジュメルに行くんじゃないのか?あそこは砂漠のど真ん中で4WDじゃなくちゃいけないんだ。よかったら、このホテルに泊っているカップルも行くから相乗りしていかないか?」

って。なんだ、このタイミング・・・

あ!昨日のチョビヒゲが連携プレーでまた連絡したな!それで、マトマタからまたゆきんこを迎えにくるのがめんどくさくて、この兄ちゃんにドゥーズから迎えにこさせたな!

この素晴らしきかな連携プレー。脱帽である。

でも、まあ、値段交渉してみると相乗りで安いし、何より、スターウォーズの撮影時のセットがそのまま砂漠に放置されているところにもいけるし、行くしかない!

しかも、なんと次の目的地、トズールまで送ってくれるときたもんだ。

ここまではよかった。この兄ちゃんにめちゃくちゃ感謝をした。
結局、オング・エル・ジュメルの他、タメルザやミデスといった観光地も回ってくれた。

気になっていたのは常に携帯で誰かに電話をしていたこと。

タタウィンから結局はいい思いをしているが、彼らの完全なるカモにされているゆきんこ。そして、そろそろ自分のペースで旅行をしてきたくなってきたゆきんこ。
ここいらでいっちょ断るぞ!と思っていた。

オング・エル・ジュメルも終わり、さあ、ドゥーズに行くぞ!と思っていた休憩所にて予想通りの展開になってきた。
ショットエルジェリド
「このカップルはドゥーズに帰るんだ。だから、君は僕の友達が迎えにくるからその車に乗ってトズールに行くんだよ」

来たぞ~。そして、今度はそいつにバトンタッチさせるんだろ?が、ここで断っても仕方ない。トズールまで払っているし・・・

とその友達とやらがきた。そして、兄ちゃんはゆきんこを託してその場を去る。大丈夫か?

「やあ、君はトズールに行くんだね?明日の予定は何?レザールージュに乗りにいかないか?」

ほ~ら。また、お誘いだ。本当は行くつもりだったが、

「いや、トズールから列車に乗ってチュニスに帰るの」

やんわりと断ると顔色が変わった。が、すぐに持ち直して

「じゃ、今晩のホテルは決まっているの?」

「いや、決まってないけど・・・」

と素直に言うと、ここのホテルとどこそこの観光とセットにするといくらだ(←だから観光いらないと言っているのに)とかチュニス行きの列車は夜中だから昼間に観光しろとしつこい。そして、え~だの、あ~だの言っていたら、

「早く決めな。そんなに悩むことじゃないだろ」

とだんだん怒り始め、明日の予定をすぐに決めろと決断を急がせる。だんだん、こっちも腹がたってきて、

「明日の予定は自分で決めるし、ホテルも着いてから自分で探すからとりあえずトズールに行って!」

とまくしたてたら、その友達、ぶち切れして帰っていきやがった

え?何?まじ?

去っていく車を見送るゆきんこ。というより、お金払っていたんですけど・・・そして、ドゥーズから私を乗せてきた兄ちゃんはとっくのとうちゃんにいなくなっている。

いや、困った。このレストハウスみたいなところでどうしようか・・・
と思いつつも、あのうざい男と離れられたかと思い、うれしくて、ほくそ笑むゆきんこ。

とにかくトズールまで行かなくてはいけない。途方にくれていても仕方ないのでお店の人に

「あの、トズールに行きたいんだけど、バスとか止まるのかな?」

と聞いたら

「止まらないけど、ルアージュもくるし、バスもくるから手をあげて道路に立っていたら、席があいていれば止まってくれるよ」

だそうなのだ。

結局、お金払っていたのにヒッチハイクもどきをして、タイミングよく止まった庶民の足と思われるおんぼろバスが止まってくれ、たったの3Dでトズールまで連れて行ってくれたのだ。(←上の写真の道路にてヒッチハイク)

それにしても、おいていったあいつ・・・ゆきんこを置き去りにするなんて許せん!

バスの中ではらわたが煮えくりかえっているゆきんこ。まあ、トズールまで近かったからよかったもののなんだあいつら?客にならないとわかると放り出すのか?

釣った魚にえさはやらないとはよくいうが、仮にもお前の友達?かどうか定かじゃないが、そいつにはいい客だったんだから最後まで面倒みろ!!!

こういう連携プレーもクチコミで客が増えるかもしれないのに釣った魚を放り出すとはどういうことだ!!!

一度、旅行会社もどきにつかまると永遠に抜けられないチュニジア南部の旅。

なすがままにされるのではなく自分の都合のいいように彼らを使いましょう!そして、必ず値段交渉!これ非常に大事。

運転が荒かったり、タバコを車内でバカスカ吸ったり、決断をすぐに迫ったり、うっとうしいけど、値段交渉して、高すぎると

「じゃ、別にいい。他あたって」

とつめたい態度をとるとすぐに大幅な値引きをして、かえって

「そんなに安くていいのか?」

と思うくらいの値段を言ってくるチョビヒゲたち。根はいい人なんでしょうな。

結果、交通手段をつかまえるのが難しい南部の観光地を効率よく回れたのは彼ら旅行会社もどきのおかげなので感謝をしなければならないと最後は気づいたのであった。

いや、それでも置いてけぼりは勘弁願いたいものである。

※番外編:ドゥーズでの結婚式
******************************
ブログランキングへ参加しています!
チュニジア南部の旅行会社もどきの人たちシリーズが楽しかった方はポチッとよろしくです!

さて、ネズミ講の旅行会社話が続いていますが、ちょっとこぼれ話。

前にルアージュの難点についてとくと書かせていただいたが、この旅行会社もどきのやからも相当なものである。

1.アクセルは極限までふむ
こんな舗装された道路ならまだまし。
チュニジアの道路
スピードが出ててもまだ許される。身の安全は保障されていないが・・・

砂漠に近づくにつれて道なき道を進むのだが、猛スピードのまま砂漠をゆく。
道がボコボコしているから、普通に座っていられない。

頭を天井にぶつけながらお尻は常に宙に浮いている状態で乗っている。
最悪だ~。

と思っていたら、なんと砂漠で立ち往生

って当たり前である。

大体、砂漠とか道なき道を行く場合は4WDが相場
なのに、このチョビヒゲ自家用車は普通のセダンでもなく

これで、砂漠にうまらないはずはない。

これで砂漠いけるって豪語していたけど、軽で砂漠を横断するなんて聞いたことない!
それに、絶対に砂にうまるに決まっている!といういやな予感は的中・・・

結局、車から出され砂まみれになりながら全員で車を後ろから押す。

働いたんだから、金かえせ!

2.スモーキング自由自在
ルアージュでも書いたが、基本、貧乏車にはよく効く冷房が設置されていないので窓を開ける。
そして、窓を開けた状態で運転席から助手席からたばこを吸う。

結果、どうなるか?

ゆきんこたちが座っている後部座席にすべての煙と灰が舞ってくる。

旅行会社じゃないからお客様第一じゃないにしろ、マナーってものがあるだろ!と怒りたくもなったが、ここで降ろされてはたまったものじゃない!と我慢・・・

3.狂ったミュージック
これもルアージュのときと一緒。
よくわからないアップテンポな曲をガンガンかける。

窓もあけているし、エンジンもうるさいしでどんどんボリュームもアップ!

結果、どうなるか?

スピーカーがゆきんこの頭のあたりについているため頭が割れるように痛くなるのである。

こうして、たどりついたクサールギレン・・・ イケメンホテル ル・パラディ

過酷な3時間あまりのノンストップドライブであったが、最後になかなかのイケメン奉仕ホテルに出会えたのでまあがんばったかいはあったかなと思ったのである。

が、こんなかわいらしい若者も10年たつとチョビヒゲになるんだろうな~。

あ~、残念
******************************
ブログランキングへ参加しています!
続きが気になる方はポチッとよろしくです!


マトマタのバスターミナルから歩いて5分程度でチュニジアで最も有名なスターウォーズロケ地として有名な「シディ・ドリス・ホテル」に到着。
シディ・ドリス・ホテル
ここはなんとスターウォーズシリーズ4本に登場したファンなら聖地ともいうべき場所。

ホテルといっても高級ホテルではなく、見た目どおり普通に穴居住宅を改装したバックパッカーホテル。
なので、基本はドミトリー。
ツアー客のランチ休憩として開放することのほうが多く、宿泊はそんなにいないみたいなので予約しなくてもほぼ泊れる。

ちなみにスターウォーズランチという名のただのクスクスもある。
本当にただ、スターウォーズという名前をつけただけで、ジョージルーカスが食べ続けたとかそんなエピソードはないとか。
一応、従業員に確認したが、そういっていた。
うそでもいいから、ルークとかがよく食べていたんだよって言えばいいのに
クスクス
さて、ランチを食べながら次はドゥーズかな?と思っていたら、これがまたなぜホテルの中に?と思ったのだが一人のオヤジいや、チョビヒゲが近づいてきた。

「君達はドゥーズにいくのかな?このホテルにいるということはスターウォーズロケ地めぐりをしているんじゃないかな?」

まあ、確かにスターウォーズホテルにいるくらいだから察しはつくだろうが、なぜそこまで私の行程を知っている?

とここで、先ほどのルアージュ運転手連携プレーを思い出した。
そういえば・・・

>ゆ:「明日はマトマタに行ってスターウォーズホテルを見に行くよ」

ってタタウィンで言ったっけ?
てことはこのチョビヒゲもあの連携プレーの一味?

こわーーーーい

ここは無視しておこうと思ったのだが、マトマタからドゥーズにまっすぐいくより大砂丘で囲まれたオアシスクサール・ギレンに行かないか?と言われた。

いや、実は大の砂漠好きのゆきんこはちょっと気になっていた。クサール・ギレンはっきり言って。
でも、砂漠の中は行きづらいしやめておこうと思っていたのだ。

そんなゆきんこの心を読んだのかチョビヒゲは
「せっかくだしクサールギレンに泊まってそれからドゥーズにいけば?」

というなんとも素敵な提案をしてくれた。心が揺れ動いているところにたたみかけるように、砂漠の星や夕日の話をはじめ、心はクサール・ギレン。
サハラ砂漠
結局、チョビヒゲの口車に乗せられてクサール・ギレンに行くことになった。
もちろん、チョビヒゲの車で。

旅行会社かどうか定かではないが、旅のお供のもう一人とともにクサール・ギレン経由ドゥーズ行きに急遽決定!

なんか、チュニジアンルアージュ?旅行会社?の連携プレーに自分の旅行行程が決められていっている気がする。

これも、南部の足がなかなかないところからこうなってしまうのである。

ま、価格交渉をしてしっかり自分自身を管理さえすれば大丈夫。
ぼられなければよし!

さ、クサール・ギレンで休憩して、(宿泊はイケメンホテル ル・パラディ
)ドゥーズからは自力で旅行を続けるぞ~と思いきやまだまだ南部の旅。そうは問屋がおろさない、いや、ルアージュ隊連携プレーは見逃してはくれないのである。

つづく・・・
******************************
ブログランキングへ参加しています!
続きが気になる方はポチッとよろしくです!

サハラとチュニジア南部を旅するときに困るのが交通機関

首都チュニスから主要幹線道路と鉄道が通っているトズール、ガベス、メドニンあたりはバスやルアージュを使うとかなりの本数も出ているし、時間も正確だし、なかなか快適に旅行ができる。

ルアージュは便利だがちょいとくせものであるが・・・

しかし、ゆきんこの旅の目的「スターウォーズロケ地めぐり」は南部砂漠地帯に位置している。
そして、このロケ地は一般の交通機関ではいけないような僻地ばかり・・・
ということは現地旅行会社を利用するか、レンタカーを借りるしかない。

が、女一人で道標もない道路を運転するわけにもいかず・・・旅行会社もぼられたらやだし・・・

と悩んでいても利用するしかない!

まず第一にタタウィンにあるクサールめぐり。ここはアナキンの家などがある独特の雰囲気を持つ場所。
クサール
このときは泊っているホテル「エルガゼ」にもクサールめぐりツアーが出ていて宿泊客と一緒に連れて行ってくれるというからそれに便乗しようかなと思っていた。
仮予約だけして、街中でご飯を食べていると一人のおやじに声をかけられる。

「日本人かな?明日は何をするのかな?」

とレストランの中なのに勝手に相席をしてくる。

ゆ:「明日はクサールめぐりをするんですけどね」

と胡散臭そうだったけど、まじめに答えてみる。すると

「そうか、俺は旅行会社のものだけれども、明日ちょうどツアーをやるんだ!どうだ、相乗りしないか?」

ゆ:「別にいいです。ホテルのに予約したし」

「そんなこと言わずにたぶん安くなるよ!」

ゆ:「え~いくらなの?」

と聞いてみたらばホテルのより安い。しかも、ホテルまで向かえにきてくれるとな。 
怪しいけど、前払いなしだし、まあ、いっか。乗ってみるか。(←安さに弱い貧乏パッカーのさが)

ホテルのはキャンセルして朝待っていると・・・
自家用車

自家用車

しかも、相乗りって誰も乗ってないし・・・

これはラチされたらやばい。おさえで、同じホテルに宿泊していた人を誘っておいてよかった。
二人なら安心。

ま、結局、何事もなくちゃんと回りたいところはきっちり回ってくれ、時間制限もなくゆきんこたちが車に戻ったら次の目的地へという感じで何気に快適。

さて、帰りの車の中・・・

「今日はどうだった?」

ゆ:「うん、楽しかった。ありがとうね」

「ところで、明日は何するんだい?」(←ここが連携プレーの始まりの1歩だった・・・)

ゆ:「明日はマトマタに行ってスターウォーズホテルを見に行くよ」

「そうか、じゃあ、タタウィンからガベスまではバスで。メドニンからは乗り継ぎルアージュが出ているからそれに乗ればいいよ。時間はちょっと待ってな」

と携帯でなにやらいそいそしゃべり始める。その後、爆睡したゆきんこはタタウィンに到着。

「ここのバスステーションから8時にメドニン行きが出るからね。」

あら、わざわざ予約してくれたの?なんて素敵な人たち・・・
とこのときは思った。

タタウィンからガベスにつき、さて、マトマタ行きのルアージュを探すかなと思っていると降りたとき

「マトマタ行きはこっちだよ」

ルアージュ運転手が迎えにきた

え?なぜ、私がマトマタに行くと知っている?

まあ、観光客はマトマタに行くと思っているだろうし、親切にやってくれているんだろうとそのまま乗り込む。

マトマタへ向けて出発!

としていたら、今度は新マトマタという、マトマタが新しくなったのか?変なところで降ろされ、あれに乗れといわれる。

ゆ:「ここはマトマタじゃないの?」

「マトマタへはあの小さいバンでいくからあれに乗りな」

だと。それにしてもこの見事な乗り継ぎ。日本の列車も乗り継ぎを加味して素晴らしい時刻表が組まれているがチュニジアルアージュ隊も負けてはいない。

が、新マトマタからマトマタへいく道すがら穴居住宅があるのは知っていたが、やたらにここによるべきだ!と観光を勧め、無理矢理フォトストップ。
穴居住宅
う~ん、よくわからないけどここはガイドブックによると見たいと思っていても簡単にいけず、ツアーに乗るしか見れないとあるからサービスでやってくれているのかな?(←まだ気づかず楽観視)

と思っていたが、マトマタに着いて料金を請求されたときにびびった。

ガベス~新マトマタがD1.20

なのに

新マトマタ~マトマタはそれよりかなり短い距離なのにD10!

なんだ!この10倍の値段は!!!

「お前達は穴居住宅に寄っただろ?あそこの入場料込みだ。」

ゆ:「誰も寄ってなんて言ってないじゃん!払わない!」

と言ったが向こうも1歩も譲らず、確かに観光はしてしまったので無理矢理払う。完全にはめられた!

それだけでも腹立たしいのに、

「普通、チップがあるもんだろ?」

と図々しく言ってきた。ただでさえ高いのにチップだぁ?

死ね!と憤慨して車を降りたら、おっさん、なにやらわからないチュニジア語を吐きすて帰っていった。

あ~、今思うとタタウィンのあの旅行会社のおっちゃんがガベスのルアージュ運転手に電話をし、情報を流し、そのルアージュ運転手も人数を集めないといけないもんだからマトマタの運転手に電話をし、マトマタの運転手はコミッションをとるため、穴居住宅の観光をしているあのぼったくり運転手に情報を流したんだろうな。

恐るべし、チュニジア携帯ネットワーク。

まあ、最後の運転手は怒らしたし、今後の予定も言ってないしもうあやつらとは切れただろうと思っていた。

しかし、チュニジアネットワークはそんなに甘くはなかった

続く・・・
******************************
ブログランキングへ参加しています!
続きが気になる方はポチッとよろしくです!

結婚式は街をあげてのイベントの続き・・・

上のリンクの写真を見ていただきたい!
先頭に男子たちが太鼓をもってスンドコズンドコ音楽を奏でているのに対し女子はというと普段、あまり外に出ないからかリオのカーニバルびっくりの腰使いで踊る踊る・・・
それにしてもおばちゃんたちみんなお尻がでかいぞ・・・

おそらく3~4kmは腰をクネクネさせて踊り続けている。
その距離をクネクネしながらゆっくり踊るもんだから何曲演奏するかわからない男ども。
踊るより、太鼓をたたいているほうが疲れるんじゃないかと心配するほどである。

さりげなく音楽を奏で誘導もしているのにもかかわらず、音楽が途切れると

「どーしたのよ!音楽続けなさいよ!」
「踊りが止まったらお祝いじゃなくなるわよ!」←チュニジア語がわからないので推定。


と怒鳴りまくる女ども。しかも、女子特有の

まったくもう~しょうがないんだから♪

的な怒り方ではなく、マジギレ

北斗もびっくりである。

時間はさかのぼり結婚式出発前の家でのある家庭での一こま。
前のブログを読むとわかるのだが、ホテルの受付お兄さんが自分の実家にまず連れて来てくれたのだ)

「あんた何やってるのよ!早くしなさいよ!着替えてきて!早く!」

「わかったよ。まったく・・」

数分後

「あんた、何でそれ着るの!出してたのを着なさいよ!どーしていうこときかないの」

「別にこれでいいだろ、ギャンギャン騒ぐなよ。うるさいな」

「うるさくないわよ!早くあれ着直して来て。ほら早く!」

お父さん、しぶしぶ中に入る。そして、本当に着替えてきた。
これがお母さんが選んだ服
お父さんと息子
戻ってきたお父さんをみて

「それで、いいわ。じゃ、今度はあれ出して」

ほめることはせず、自分の要求を満たしたら次と言う風に指示を出し続けている。
その間、お母さんは衣装の準備と化粧に余念がない。
しかし、常にお父さんが気になるのかちょこまかちょこまかとお父さんの仕事ぶりをみては

「あんた、何しているの!そうじゃないでしょ!」
注)上記の会話すべておそらくこう言いあったであろう想像のもとに書いております。

とキレまくる。

イライラするなら追いかけなければいいのに追いかけているところを見ると愛情の裏返しなのですな。

普段、写真を取ることをきらうイスラム女性もこの日は堂々と写真に応じてくれた。
鬼嫁も衣装を着ると少しはしおらしくなる?!
鬼嫁も衣装
こうみると幸せな家庭の一こま。
毒舌をはくようには思えない・・・

黒装束にベールをかぶって外に出歩かない分、旦那になった人には思いのたけをぶつけるのであろうか。

外見からは想像がつきにくい、短気で怖くて口やかましいチュニジアン女性。

でも、まあ、日本でも草食系男子だの男女が逆転している傾向が強いこのごろ。
どこの国でも女性が強くなっているのかもしれませぬ。

男と女の関係というのは世界中どこにいっても宗教や言葉が違っても永遠に理解できない生き物なのである。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
私も鬼嫁!相方が鬼嫁!の方はポチッとよろしくです!