FC2ブログ

浮き草旅ライターゆきんこ

あっちこっちふらふら浮き草のごとく細々と大胆に?!旅する三十路越えライターの海外国内レア情報♪

週初めからチュニジアが騒がしい。

最近では、旅行会社のパッケージツアーでもツアーが組まれるようになってだいぶメジャーにはなってきているものの、トップニュースにあがるということはほぼない。

そんなチュニジアで何が起こってこんなに世間様をにぎわしているのか

さて、チュニジアがどこにあるか知ってますか?
アフリカの北端、イタリアのシチリア島の下あたりにあります。


エジプトが北端なイメージがありますが、チュニジアが北端なんですね。

イスラム教国家でモスクもたくさんありつつ、フランス文化も融合。

南部のほとんどがサハラ砂漠で覆われているものの、農地は国全体で30%ほどあり、小麦などの栽培も盛んな国である。

ゆきんこが最初にチュニジアを訪問したときのイメージは・・・
気候は温暖、太陽がふりそそぎ、野菜や果物もあふれ、人々も活気があり、穏やかな国

という感じであったのに、その笑顔の下にはベンアリ政権が23年間もチュニジアを支配し、人々はその政権下に苦しめられていたのだ。

その政権がなんと崩壊したのである。

23年も独裁政治をしてきたベンアリ大統領が追放されたきっかけは、12月中旬に野菜販売をして生計をたてていた青年が警官により販売を禁じられ、焼身自殺をしたことから始まった。

そこから抗議行動が拡大し、ベンアリ大統領はとうとう追放され、先週土曜日には暫定大統領が就任した。

しかし、23年間も政治のトップに君臨していたベンアリ大統領がそう簡単にあきらめるはずもなく、市民らは引き続き、新政権参加に反対するデモ行動を起こしている。

ベンアリ政権下で、国民の不満は日々募り、若者の自殺をきっかけに、今まで、失業や貧困、物価高にたえぬいた不満を一気に爆発させているようで、チュニス市内は騒然。
死者も出しており、現在なお危険な状態。

日本人観光客も昨日あたりからやっと出国できているようだ。

ところで、チュニジアに端を発した北アフリカのアラブ諸国ではチュニジアと同じように政府に対する抗議のために若者が焼身自殺を図る例が勃発している。

いずれの国も長期独裁政権下で自由が抑圧され、”最後の一手”に出ざるを得ないという行為をしていると専門家の人がニュースで言っていましたが、エジプトやアルジェリアを旅していたときも、そういった喪失感がまるで見られなかったので、今回のニュースで初めて、北アフリカアラブ諸国の政治事情がわかったのである。

ただ、チュニジアでは政権交代がかなったが、他の国の政府はチュニジアが例にあるから厳戒態勢がしかれるでしょうね・・・

これから、まだまだ油断ならない状況が続く各国。北アフリカのアラブ諸国にでかける予定の方は注意が必要です。

ゆきんこはスターウォーズの撮影地としても有名なチュニジアはまた言ってみたい国に入っているし、次にエジプトに行く時は紅海でダイビングしたいと思っているし、アルジェリアも回ったことがないので行ってみたい・・・

余談ですが、今回の革命は、チュニジアの代表的な花「ジャスミン」にかけて、ジャスミン革命と呼ばれているけど、そんな温厚なものじゃないじゃないか!と思う。

ジャスミンの花ことばを調べてみると・・・
素直、可憐、温情、気立てのよさ、優美、幸福、愛の通夜?官能的
ちょっと、最後のほうは???って感じだけど、革命の名前にするにはちょっと違うような気がする。

何はともあれ、アラブ諸国の皆さんの生活が落ち着いて、ゆきんこの最初のイメージどおり温厚な国に早く戻ることをお祈りします・・・
チュニス市内

ゆきんこのチュニジアブログは途中ですがこちら
******************************
ブログランキングへ参加しています!
アラブ諸国の内情を初めて知った方はポチッとよろしくです!



エジプトでは自分にガソリンをかぶったそうです。
アラブ諸国の人たちの不満はかなりのものがありそうです・・・
世界各国どこに行っても思うのだが、日本というのは本当においしいものを作る天才が多くいるのではないかと思う。

パンももともと日本のものではなかったにしろ、日本のパン屋さんは惣菜パン含め、すべておいしいし、麺の本場中国のラーメンもおいしいけれども、さっぱりした味わいは日本のほうがおいしい。

そして、お菓子
甘すぎず、ベタベタしすぎず、食べあきないおいしさの日本のお菓子はどの国にまさるとも劣らず絶品のお菓子。

海外で食べるものがなくて、クッキーやチョコレートを食べると、

「あ~やっぱり、日本のお菓子が一番うまいな~」

と思うのである。

ところで、ゆきんこは海外に行くと必ず、アメを持っていく。

日本にいるときはそんなにアメを買う習慣はないのであるが、旅行中、なにかと口寂しくなったときにちょろっと食べれるアメは栄養補給にもなっていいのである。

今回、ミーヴァートンツアーに乗ったとき、運転手兼ガイドのお姉さんが声をガラガラにしながらがんばって話しをしているのを見て、ゆきんこは日本のアメを差しいれしてみた。


「日本の飴を食べるの初めてだわ。それにしてもなんておいしいの!」

とベタボメ!

アメを持っていったら好感度アップ!

あげたからと言ってツアー代金が安くなるわけではないですが、お姉さんがさらにがんばってしゃべってくれます。

ちなみに、ツアーメンバーのイギリス人にもあげましたが、めちゃくちゃおいしいと大絶賛!

さすが、ゆきんこが自慢できるわが国のアメ!

どこにいっても大好評なのである。

******************************
ブログランキングへ参加しています!
日本のアメが一番と思う方はポチッとよろしくです!

急に思い立ったかのように来月上海にレッツラゴー!
上海夜景
知り合いが上海に仕事で行っているもんで、そこにそろっと遊びに行くことにした。

しかし、宿はただだけれども航空券は払わなくちゃいけないということで、これも友人ネットワークを駆使して往復2万円でゲットした

秋田に帰るより安いじゃん!
と意気揚々としていたけど、明細をみると¥28,880
そうなんですよね・・・

空港使用税 2,650円
現地出国税 1,230円


そして、そして、ゆきんこの大嫌いな燃油サーチャージ 5,000円(往復)!!

大体、空港使用税や現地出国税も最初の値段検索のところに入れて金額を表示してほしい。

割安感が全くなくなる。

徴収されるのは運営している会社がある以上、仕方ないとあきらめもつくが、航空券購入の後に付属のようにつけられるとモチベーションダダ下がりである。

この燃油サーチャージもしかり。
とるなら最初から航空券の値段に入れろっての。

航空券は機内食、ドリンク、お席、燃料込みなのであるからして別途とるのはやめてほしい。

取るなら最初から値段に含んでくれ!

といつも思っていた。

去年の今頃は一時アジア地域は燃油料が久々に0円になって海外旅行しやすくなったな~と思ったのに、久しぶりに調べたら上海で片道2,500円

中国路線のいろいろな航空会社の燃油サーチャージも調べたから相場であろう。

なぜ、いろいろな航空会社のサーチャージを調べたかというと、航空券を販売している旅行会社によって燃油サーチャージが違うときがあるのだ。

航空会社が決めているサーチャージが旅行会社によって違うっていうのが謎だが、航空券代金の違いをここで差し引きしているのか?

航空券本体の価格を安くしていても、結局、総合計したら高くなったということもありえなくもない

ということで、単純に航空券だけの値段を見るのではなく燃油サーチャージも調べ合計金額を計算して初めて一番安い航空券と出会える

めんどくさくなったものである。

前にも書いたけど、昔は成田ーニューヨーク、な、なんと29800円!+成田空港使用税のみ。で行ったこともあるのに・・・

ちなみにゆきんこが支払った今までの燃油料最高金額は
2009年12月 日本ーイタリア 往復 50000円!

航空券代金ですか?って感じですよね・・・

なんで、あんな高い時にいったんだろ~と今でも後悔先に立たずでございます
******************************
ブログランキングへ参加しています!
燃油サーチャージに反対の方はポチッとよろしくです!



久しぶりに週末は秋田に帰ります♪
日曜日の夜、バンキシャを見ていたら出ました

世界の平和な国ランキング2010!

以外と毎年気になったりしているんですよね・・・

それで今年はというと

堂々1位
ニュージーランド


第二位
アイスランド


第三位
わが国日本


ということで、最近、よくニュースにアイスランドの名前が出てくるな~。

バンキシャの取材で、日本にいる外人に日本が平和だなと思うところは・・・・と質問したら

1.レストランで荷物を置いてもとられない!
2.女性が夜一人歩きしても危なくない


という答えが出た。
確かにそうかもしれない。

荷物の放置プレーはニュージーランドでもアイスランドでも一応外国だからしなかったけど、夜の一人歩きは平気だった。

ニュージーランドではよく遅くまで飲んで自転車で一人公園を横切って帰ったこともある
街頭がなくて怖いと感じたが、襲われる!という恐怖感はなかった。

よく自転車をこぎこぎして通勤したハーグレーパークの道↓
ハーグレーパーク

アイスランドの首都レイキャビックではブログでも書いたように夜のハトグリムスキャ教会を撮影しに一人で平気でウロウロしていた。

レイキャビックの場合も襲われる危険があるから怖いというのはなくて、逆に人がいなさすぎて怖かった
首都なのに朝から晩まで混雑することが中心地でもほぼない!

そして、日本はというと・・・

今はしないけど、20代のときは朝まで飲んでましたね~。歌舞伎町もかなりウロウロしていたし。
終電で帰って、駅から自分のアパートまでものらりくらり帰ってきた。

最近じゃ、一人暮らしの女性を狙う犯罪もあるから絶対に安心ともいえないが、他に国に比べたらかなり安全だと思われる。

しかし、平和な国の反対、危険な国もある。4年連続最下位の汚名をきせられたのはイラク
まあ、紛争がやまないようであればしかたないですよね・・・

ゆきんこが行った国でワーストに入っていたのはイスラエル
確かにバスの中に銃を持ったお兄さんがいた。

何はともあれ、平和な国に住めて幸せです

が、しかし、日本はものすごい最近平和ボケしているというか、特に最近の20歳前後の若者は安定志向が高いらしく、よくバックパッカーも少なくなったといわれているけど、なんと、ハーバード大学への留学生も激減しているそうです。

最近の日本の若者は海外に行って冒険しよう!と思う人が少ないらしい・・・

その反面、中国や韓国の人の留学率は増えてきているとか。

う~ん、確かに身近にいる年が若いいとこたちをみても、大学卒業旅行とかに海外旅行に行くとしてもパッケージツアーで行ったり、ホテルとかちゃんとキレイで星がついているホテルを選んで泊ったりしている。

ゆきんこの昔の体験談を言うと

「女捨ててるな」

といわれる始末・・・

平和なのはいいけど、やっぱり若者は冒険してもらいたいですな。
いろんな国を知ってこそ、日本のよさがわかる!

これ、ゆきんこの何十カ国行った現在の感想でございます。

ボーイズビーアンビシャスですよ!
******************************
ブログランキングへ参加しています!
ボーイズビーアンビシャスにご賛同の方はポチッとよろしくです!


近くて遠いロシアへの道で、ロシア旅行社にウズベキスタン航空を断られたゆきんこ。

ロシア系航空会社しか取扱いがないので、ウズベキスタン航空指定で行くなら他をあたれと言われた。冷たい・・・

ロシア系航空会社といえば、アエロフロートロシア航空
アエロフロートロシア航空
昔のいや~な思い出があるがために乗るのをぜひとも回避したい。

昔はヨーロッパに行くのにモスクワ経由でアエロフロートロシア航空がものすごい安い値段で席を出していた。

ということで、安いの大好きゆきんこは特に気にもせずアエロフロートで行ったのだが・・・

普通の乗り継ぎの場合は、その乗り継ぎ空港で降り、次の飛行機の搭乗口まで自分で行き、時間がある場合は免税店の化粧品やであれやこれやと香水をふりかけ遊んでいた。

しかし、モスクワで自由に降りようとしたらば機内で

「トランジットのお客様はそのままお待ちください」
とアナウンスあり。

なに?自由に降りれないのか?

すると、スチュワーデスさんに連れられてトランジットのお客さんは一列に並んで出口に連れて行かれる

どの方面のトランジットでもみんな一列に並ばされた。

はて?どこに連れて行かれるんだろ?

と思っていたらば、窓のないくら~い密室に全員押し込められた!!

え?もしかして、大量軟禁?

窓もないこのくら~いじめっとした部屋で何をさせるのだ?

すると

「各方面の飛行機の時間がきましたらお呼びしますのでこの場所でお待ちください。出入りは禁止です」

まじで?トイレはあるけど、売店もなにもないんですけど・・・

しかも、わたし、乗り継ぎ時間5時間もあるのにここに5時間いれと?

5時間待機という意味でした・・・

何もすることができず、歩くこともままならず、寝るにもこの暗い空間で寝る気にもならず、まさに監禁気分・・・

自分の飛行機が呼ばれて部屋からでてよい許可が下りたときはなんともいえない幸福感!
無実の罪をきせられて牢屋に入れられた後、無罪放免になり外に出てきた人というのはこういう気分になるんではないだろうか?と思ってしまったほど苦痛の5時間だったのだ。

もう、あんなことはないようなのだが、あの記憶がある限り、アエロフロートにはあまり乗りたくない。(←アエロフロートには何も関係ないんだけれども・・・)モスクワで降りるとわかっていてもなぜかいや~なものがこみ上げる。

ということで、ウズベキスタンにも寄りたいし、なんとかウズベキスタン航空でいけないものかと別の各安航空券取扱い旅行会社に聞いてみることにした。

ちなみにウズベキスタン航空は週2便のみ

<往路>
水曜日発 HY528 成田から出発 関西経由22:50/タシケント着03:30*翌日
金曜日発 HY528 成田から出発 関西経由13:00/タシケント着17:40
<復路>
水曜日発 HY527 タシケント発07:40/成田経由 関西着21:50
木曜日発 HY527 タシケント発21:05/成田経由 関西着11:45*翌日

成田空港と関西国際空港に寄って客を拾っていくタイプなので、混雑が予想される。

ただ、今回の9月連休カレンダーを見るとこのスケジュールはいまいちお得感がない。
でも、まあ聞くだけ聞くかと聞いたらば・・・

残念ですが、ご希望のお日にちは往路復路ともに大変混雑しており、お席の確保ができません。スケジュールの再検討をお願いします。

まじで・・・
まだ、6月上旬なのに・・・

さすが、連休からむだけあって旅行者の動きが早い・・・

さて、どうしたもんか。キャンセル待ちもできないし・・・

大韓航空に最後の望みをつなげるか・・・

気持ちがロシアに行くとなると止められないゆきんこなのである。
******************************
ブログランキングへ参加しています!
ロシアへの道は大変だなと同情された方はポチッとよろしくです!